英政府、農業制度のアップグレード発表 持続可能な農業補助金を増額

1月4日、英スティーブ・バークレイ環境・食糧・農村地域相は、オックスフォード農業会議で、欧州連合離脱以来、英国の農業制度に対する最大のアップグレードを発表した。

本アップグレードには、資金の引き上げ、申請プロセスの合理化、環境上のインセンティブの強化、新技術の展開サポートが含まれる。 英国の農家にさらなる支援を提供するほか、サプライチェーンを強化し、国内で消費される食品の少なくとも60%を生産し続けるという政府のコミットメント実現を目指す。

英国の農業移行では、環境にプラスの成果をもたらしながら、持続可能な食料生産を促進する取り組みを行う農家に、新たな農業制度が支払われている。 本制度は、あらゆる農場のタイプや規模に有効に機能するように設計されており、英国全土の何千もの農家がすでに参加しており、資金の50%が上位10%の地主に与えられるとされていた官僚的な共通農業政策に取って代わるものである。

スティーブ・バークレイ氏は、英国の農家に対する政府の支援を改めて表明し、農家のフィードバックを活用して設計された2024年の最新の提案の概要を説明し、より多くの農家を制度に参加させ、環境へのさらなる野心的な取り組みを促進することを目指していると述べた。

アップグレードには以下が含まれる。

  • 持続可能な農業インセンティブとカントリーサイド・スチュワードシップの契約額の平均値に関して、支払い率の引き上げによって10%増加(引き上げ額は既存の契約に自動的に適用)
  • 農家が持続可能な農業奨励金とカントリーサイド・スチュワードシップの中間層を申請するための合理化された単一申請プロセス
  • アグロフォレストリーのための活動やロボットによる機械除草などの農業技術を推進する活動など、あらゆる種類の農業ビジネスで農家が報酬を受け取ることができる約50の新たな活動
  • 「創造」および「維持」オプションに対する支払いを強化し、農家が生息地を造成する長期的なインセンティブを向上させ、造成後の生息地を維持することで報酬を確保
  • 環境への影響が最も大きい活動、または大規模な利益をもたらす活動の組み合わせに対する割増金の支払い

農家は今夏から2024年のオファーへの申請を提出できるようになり、農家が例年よりも早くこの変更から恩恵を受けることができるよう、提供される契約のスケジュールが加速される予定。申請プロセスも2024年に簡素化され、農家が単一の申請で持続可能な農業奨励金とカントリーサイド・スチュワードシップの中間層を申請できるようになる。また、小作農にとって制度をより利用しやすくするために、最長3年間の短い期間の契約に対するさらなる措置も含まれている。

本発表は、2023年に向けた農業計画の大幅な改善に基づいており、すでに数千の農家が参加している。これまでに約8,000の農家が持続可能な農業インセンティブ2023に申請しており、2020年以来カントリーサイド・スチュワードシップ協定は94%増加。

農家主導のイノベーションとテクノロジーへの継続的な支援も含まれており、政府はイノベーションの推進、食料生産の支援、動物の健康と福祉の改善、環境保護を目的として、2023年に農家に1億6,800万ポンド(約300億円)を超える助成金を約束している。

【参照ページ】
(原文)Biggest upgrade to UK farming schemes introduced by the Government since leaving the EU
(日本語参考訳)英政府、農業制度のアップグレード発表 持続可能な農業補助金を増額

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る