Tesco、サプライヤー間で余剰在庫を売買するオンラインマーケット開設

11月30日、小売大手Tescoは、同社サプライヤー3,500社以上は、サプライヤー間で余剰在庫や製品を売却・寄贈できるオンラインマーケット「Tesco Exchange」の提供を発表した。これにより、生産コストや廃棄物の削減が期待されている。

サプライヤーは、消費者向け市場と同じように、Tesco Exchangeで余剰在庫の販売告知や必要な製品のリクエストができる。また、必要な商品が掲載された際のアラートも設定できる。

Tesco Exchangeプラットフォームの可能性は、TescoとWWFが最近発表した農場での食品ロスに関する報告書でも強調されている。同報告書によると、英国だけでも300万トン以上の食品廃棄物が農場から出荷される前に廃棄されていることが判明した。

本プラットフォームは、Tescoが主導する、サプライヤーの廃棄物への取り組みを支援する継続的なプログラムの最新版。同社は、世界のサプライヤー107社と直接協力し、食品ロスと廃棄物を合わせて78,000トン削減することに成功した。今後、2025年までに事業活動における食品廃棄物を半減させ、2050年までにバリューチェーン全体でのネット・ゼロ達成を目指している。

【参照ページ】
(原文)Tesco suppliers to use online swap-shop to cut costs and reduce waste
(日本語訳)Tesco、サプライヤー間で余剰在庫を売買するオンラインマーケット開設

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る