AiAアライアンス、「Anchors in Action Framework」の発行を発表

9月26日、米食品NGOであるCenter for Good Food Purchasing、Health Care Without Harm、Real Food Generationが共同運営するAnchors in Action(AiA)アライアンスは、米国の公共機関向けの食品調達に関する新しいフレームワーク「Anchors in Action Framework」の発行を発表した。

AiAアライアンスは、2015年に異なる地域で活動していた4つの団体によって設立され、地方自治体、病院、学校、大学などの公共施設でのサステナビリティ調達を促進している。現在の運営体制は、School Food Focusが2018年にFoodCorpsと合併して以来、3つの団体で構成されている。AiAに参加している公共施設には、全米66自治体、約2,000の病院、約7,800の小中高校、約100の大学が含まれている。

本団体は、2015年にコンサルティング会社に調査を委託し、各組織の食品調達基準を比較調査した。その結果、共通の基準が比較的高い共通性を持つことがわかった。これを受け、2021年に共通のフレームワークの策定を開始し、その結果、今回の「Anchors in Action Framework」が完成した。新しいフレームワークには、健康・栄養、労働慣行、動物福祉、地域経済への影響に加え、気候変動、食料主権、人種エクイティなどの観点も含まれている。

今回のフレームワークは、公共施設に食品を供給するサプライヤーにとっても有益で、サステナブルな食品の販売を効果的に拡大する機会をサポートする役割を果たす。新フレームワークは、公共機関とサプライヤーが共通の価値観に基づいて食品を調達し、提供するプロセスを効率化し、サステナビリティに基づいた食品調達を推進する。

【参照ページ】
(原文)ALLIANCE RESPONDS TO GROWING DEMAND FOR VALUES-BASED FOOD
(日本語参考訳)価値観に基づく食品への需要の高まりに応えるアライアンス価値観に基づく食品への需要の高まりに応えるアライアンス

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る