AiAアライアンス、「Anchors in Action Framework」の発行を発表

9月26日、米食品NGOであるCenter for Good Food Purchasing、Health Care Without Harm、Real Food Generationが共同運営するAnchors in Action(AiA)アライアンスは、米国の公共機関向けの食品調達に関する新しいフレームワーク「Anchors in Action Framework」の発行を発表した。

AiAアライアンスは、2015年に異なる地域で活動していた4つの団体によって設立され、地方自治体、病院、学校、大学などの公共施設でのサステナビリティ調達を促進している。現在の運営体制は、School Food Focusが2018年にFoodCorpsと合併して以来、3つの団体で構成されている。AiAに参加している公共施設には、全米66自治体、約2,000の病院、約7,800の小中高校、約100の大学が含まれている。

本団体は、2015年にコンサルティング会社に調査を委託し、各組織の食品調達基準を比較調査した。その結果、共通の基準が比較的高い共通性を持つことがわかった。これを受け、2021年に共通のフレームワークの策定を開始し、その結果、今回の「Anchors in Action Framework」が完成した。新しいフレームワークには、健康・栄養、労働慣行、動物福祉、地域経済への影響に加え、気候変動、食料主権、人種エクイティなどの観点も含まれている。

今回のフレームワークは、公共施設に食品を供給するサプライヤーにとっても有益で、サステナブルな食品の販売を効果的に拡大する機会をサポートする役割を果たす。新フレームワークは、公共機関とサプライヤーが共通の価値観に基づいて食品を調達し、提供するプロセスを効率化し、サステナビリティに基づいた食品調達を推進する。

【参照ページ】
(原文)ALLIANCE RESPONDS TO GROWING DEMAND FOR VALUES-BASED FOOD
(日本語参考訳)価値観に基づく食品への需要の高まりに応えるアライアンス価値観に基づく食品への需要の高まりに応えるアライアンス

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る