EU理事会と欧州議会、大型車からのCO2排出量削減で政治的合意

1月18日、EU上院の役割を担うEU加盟国閣僚級のEU理事会とEU下院の役割を担う欧州議会は、大型車(HDV)のCO2排出基準に関する暫定的な政治合意に達した。本合意により、道路輸送部門におけるCO2排出量をさらに削減し、2030年、2035年、2040年に向けた新たな目標が導入される。

本提案はまた、EU全体の大型車両におけるゼロ・エミッション車(ZEV)の割合増加をを目的としている。

本目標は、小型トラック、都市バス、大型バス、トレーラーを含む、CO2排出量が認定されているほぼすべての新型大型車両を排出削減目標の対象とするために、規制の範囲を拡大することにも同意した。

規制で設定されたCO2削減目標の免除は、「鉱業、林業、農業に使用される少量製造業者および車両」「軍隊および消防隊が使用する車両」「国民保護、治安、医療に使用される車両」に適用される。

暫定協定は、後の段階(2035年)には、ゴミ収集車やコンクリートミキサーなどの作業用車両にも規制の範囲を拡大する。 さらに、欧州委員会は、小型トラック(5t未満)を対象に含める可能性を分析する予定。

本暫定協定は、改造車両、つまり従来の車両をZEVに改造した車両の問題にも触れており、メーカー間でこうした車両の譲渡が可能になる。今回、2025年までに、承認のための調和されたルールを通じて改修型HDVの市場導入を促進する必要性を評価するよう委員会に課すことに合意した。

また、2030年以降のEU気候変動目標に沿って、理事会と議会は、欧州委員会が提案した2030年(45%)、2035年(65%)、2040年(90%)の目標に加え、欧州委員会が提案した目標を維持した。2025年の削減目標は15%であり、現行規制ですでに規定されている。本目標は7.5t以上の大型トラックと大型バスが対象となる。

今回、トレーラーの目標を7.5%、セミトレーラーの目標を10%に設定することに同意。また、eトレーラーがトレーラーのCO2排出量削減に貢献する可能性を考慮し、法的明確化と既存の規制を新しいタイプのトレーラーの技術開発に適応させるために「eトレーラー」の定義も導入した。

さらに、修正案では、2035年までに都市バスの100%ゼロエミッション目標を導入するとともに、同カテゴリーについては2030年までに90%という中間目標を設定している。共同議員は、都市間バスを本目標から除外し、この種のバスを配置することに同意した。

上記の目標に対する改正規制の有効性と影響は、2027年に欧州委員会によって再検討される予定。今回、再検討条項をより包括的なものにするために一連の条項を追加した。

本暫定協定は今後、承認を得るために理事会内の加盟国の代表者および議会の環境委員会に提出される予定。 承認された場合、本文書はEUの官報に掲載されて発効する前に修正を経て、両機関によって正式に採用される必要がある。

【参照ページ】
(原文)Heavy-duty vehicles: Council and Parliament reach a deal to lower CO2 emissions from trucks, buses and trailers
(日本語参考訳)EU理事会と欧州議会、大型車からのCO2排出量削減で政治的合意

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る