KKR、フランスの再生可能エネルギー事業者アルビオマ社を約2,200億円で買収

KKR、フランスの再生可能エネルギー事業者アルビオマ社を約2200億円で買収

4月28日、再生可能エネルギー生産会社であるアルビオマは、世界的なオルタナティブ資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRによる買収への合意を発表した。1株あたり50ユーロ(約6,900円)と0.84ユーロ(約115円)の現金配当による買収提案で、アルビオマの価値は16億ユーロ(約2,200億円)以上となる。

アルビオマは、バイオマス、太陽光発電、地熱発電に投資しており、海外ではフランス、モーリシャス、ブラジルの14の発電所を含む1GW以上の設備容量を有している。砂糖産業との提携により、サトウキビの繊維状残渣であるバガスから再生可能な電力を生産している。また、アルビオマは海外における太陽光発電のリーディングカンパニーであり、最近ではトルコの2つの発電所を買収し、地熱発電事業にも参入している。

今回の取引は、KKRがエネルギー転換に焦点を当てた取り組みの中で最も最新のものであり、今週、アジアに焦点を当てた新たな再生可能エネルギー投資プラットフォームであるAster Renewable Energyを立ち上げる。昨年12月には、長期間の高利回り太陽光発電投資の組成を目的とした新たなプラットフォーム、Stellar Renewable Powerを立ち上げ、2020年には、インドの再生可能エネルギー資産の買収、所有、運営を目的としたプラットフォーム、Virescent Infrastructureを立ち上げた。過去10年間、KKRは全世界で約40億ドル(約5,200億円)を再生可能エネルギー資産に投下しており、その運用発電容量は14.2GWに達している。

【関連記事】KKR、太陽光発電プロジェクトの組成・開発・運営を行うプラットフォームを開設

KKRは、2025年までにフランスの海外領土におけるエネルギー転換に大規模な投資を行うというアルビオマの野望を支持し、同社の国際展開を加速させるために運営上の専門知識と資金を提供する。

【参照ページ】
(原文)ALBIOMA AND KKR REACH STRATEGIC AGREEMENT ON A FRIENDLY PUBLIC TENDER OFFER
(日本語訳)アルビオマとKKR、友好的な株式公開買付けに関する戦略的合意に達する

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る