HSBCとLGIM、Glencoreの火力発電所建設計画の透明性を求める決議案を提出

1月6日、HSBCとLGIMを含む投資家グループは、世界的な鉱山・商品会社であるGlencoreの一般炭生産計画の透明性を高め、ネット・ゼロ・シナリオにおける資源需要の減少との整合性、および同社自身の気候変動に関する公約を求める決議案を提出したことを明らかにした。

決議案を提出した投資家には、HSBCアセット・マネジメント、リーガル&ジェネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)、オーストラリアの産業スーパーファンド、ビジョン・スーパーが含まれており、全体として、68名の個人株主が本決議の共同提出に参加した。

火力発電用石炭は、世界の燃料の中で最も二酸化炭素を排出するエネルギー源だが、世界のエネルギー供給の40%近くを占めている。国際エネルギー機関(IEA)によると、1.5℃に合わせたネット・ゼロ・シナリオでは、今後数年間で発電用の石炭使用量は大幅に減少させなければならない。

Glencoreはここ数年、気候変動に焦点を当てた一連のコミットメントを発表しており、2020年には2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成することを誓い、2021年にはスコープ1、2、3の排出量全体で2035年までに絶対排出量の50%削減を目標とする中間目標を導入した。

しかし投資家グループは、グレンデル炭鉱とハンターバレー炭鉱、そして2021年にコロンビアで取得予定のセレホン炭鉱での一般炭増産の承認を得ようとしていることに触れ、Glencoreの一般炭生産計画が1.5℃に合わせたネット・ゼロ・シナリオに合致していないと主張している。

【参照ページ】
(参考記事)LGIM and HSBC join forces to push Glencore on climate transparency
(日本語参考訳)HSBCとLGIM、Glencoreの火力発電所建設計画の透明性を求める声に参加

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る