KPMGとCirculor、サプライチェーントレーサビリティソリューションで提携

KPMGとCirculor、サプライチェーントレーサビリティソリューションで提携

5月22日、プロフェッショナルサービス企業のKPMGとサプライチェーン可視化ソリューションプロバイダーのCirculorは、クライアントが持続可能で循環型のバッテリーおよび産業バリューチェーンを構築し、希少な原材料の供給へのアクセスを確保することを目的とした新しい提携を発表した。

2017年に設立されたロンドンを拠点とするCirculorは、製造やリサイクルのサプライチェーンにおいて、環境や人権に大きな影響を与える材料を追跡するソフトウェアソリューションを提供している。同社のデジタルバッテリーパスポートソリューションは、製品ライフサイクルを通じたバッテリーバリューチェーンにおける重要な原材料の物理的な流れを追跡し、重要なサステナビリティおよび製品データを提供するとともに、回収・リサイクル活動を促進する。

両社は、リチウム、コバルト、ニッケル、グラファイトなどの重要な原材料をめぐる競争が激化する中、不透明なサプライチェーンを管理し、リサイクル活動を促進するために、新たな提携を行うことになったと述べている。デジタルバッテリーパスポートは、EU電池規制のサステナビリティルールなど、今後EUで予定されている規制要件に完全に準拠するように設計されており、また、米国のクリーン自動車税額控除の遵守をサポートしている。

両社は、電池以外にも提携を拡大し、デジタル製品パスポートと識別子を業界を超えた顧客に提供すると述べた。

【参照ページ】
(原文)KPMG and Circulor announce alliance to meet growing demand for digital battery passports
(日本語参考訳)KPMGとCirculor、サプライチェーントレーサビリティソリューションで提携

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る