アマゾン、廃炭鉱で初のブラウンフィールド再生可能エネルギー・プロジェクトを発表

アマゾン、廃炭鉱で初のブラウンフィールド再生可能エネルギー・プロジェクトを発表

11月13日、アマゾンは、産業公害のために放棄された場所に建設された初のブラウンフィールド・プロジェクトを含む、今年これまでに78の太陽光および風力エネルギー・プロジェクトに新規投資したことを発表した。

新たなブラウンフィールド・プロジェクトであるAmazon Solar Farm Maryland-CPV Backboneは、メリーランド州ギャレット郡にある最近閉鎖されたアーチ炭鉱の跡地に建設されている。120年の歴史がある本採掘場は、以前は45エーカー以上の石炭ごみで汚染されていたが、その後埋め立てられた。

プロジェクト開発者のコンペティティブ・パワー・ベンチャーズ(CPV)によると、完成すればメリーランド州最大の太陽光発電所となり、30万枚以上のソーラーパネルが設置され、年間13万3,000トン以上のCO2を削減できる見込みだ。

米国環境保護庁(EPA)の推計によると、米国には45万カ所以上のブラウンフィールドがあり、太陽光発電プロジェクトにとって新たなチャンスとなっている。ブラウンフィールド(放棄された工場、鉱山、埋立地など)は、多くの場合、送電線や公道の近くに位置するため、プロジェクトを送電網に接続しやすく、未使用の土地を地域社会の経済的機会に変えることができる。

市場調査会社BloombergNEFによると、2020年以降、アマゾンは他のどの企業よりも多くの再生可能エネルギーを購入している。同社は現在、世界各地で合計479の風力・太陽光発電プロジェクトを立ち上げており、稼働すれば毎年7万1900ギガワット時(GWh)以上のクリーンエネルギーを生み出す見込みだ。

これらのプロジェクトから生み出されるクリーンエネルギーは、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のデータセンター、アマゾンのフルフィルメント・センター、実店舗、本社オフィスなど、アマゾンの事業を2025年までに100%再生可能エネルギーで賄うことに近づけると同時に、プロジェクトが立地する地域社会にも新たなクリーン電力源を提供する。

【参照ページ】
(原文)Amazon’s renewable energy portfolio is now big enough to power 6.7 million U.S. homes
(日本語参考訳)アマゾン、廃炭鉱で初のブラウンフィールド再生可能エネルギー・プロジェクトを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る