Iberdrola、新興市場におけるエネルギー転換プロジェクト向けに世界銀行から約480億円のESG連動融資を獲得

イベルドローラ、新興市場におけるエネルギー転換プロジェクト向けに世界銀行から約480億円のESG連動融資を獲得

1月8日、世界的なエネルギー・電力供給会社であるIberdrolaは、世界銀行の民間セクター投資部門である国際金融公社(IFC)を通じて、モロッコ、ポーランド、ベトナムなど石炭に依存している国における自然エネルギープロジェクトへの資金提供を目的とした、3億ユーロ(約480億円)のESG連動型グリーンローンを発表した。

今回の融資は、新興国におけるエネルギー転換を促進するために昨年開始されたイベルドローラと世界銀行の協力関係の拡大を意味する。当時、Iberdrolaのブラジル子会社が運営する配電網のデジタル化とエネルギー効率改善に資金を提供するため、サステナビリティ目標に連動した1億5,000万ドル(約220億円)のグリーンローンが締結された。

新しいグリーンローンは、同社が2021年に発表した、グリーンでサステナブルな商品の比率をますます高めていく資金調達構造の計画に続くもので、2025年までには債務の3分の2近くを占めると推定される。Iberdrolaは現在、約200億ユーロ(約3兆円)のグリーンボンドを発行しており、200億ユーロのクレジットラインポートフォリオの96%以上がサステナビリティにリンクしている。12月、同社は、気候変動と社会的目標に対する同社のパフォーマンスに連動する条件を備えた、過去最大の53億ユーロ(約8,460億円)のクレジットラインを発表した。

新しいESG連動融資は、Iberdrolaの2つの戦略的持続可能性目標を達成することを条件としている。その目標とは、Iberdrolaの事業、顧客、サプライチェーン全体における直接的・間接的な温室効果ガスの絶対排出量を2030年までに2020年基準比で60%以上削減すること、2030年までにIberdrolaのクリーンエネルギー設備容量を2倍以上にすることで、2023年第3四半期末時点でクリーンエネルギー設備容量は41,000MWを超えている。

合意額のうち1億7,000万ユーロ(約270億円)は、すでにポーランドの陸上風力発電プロジェクトへの融資にコミットされている。

Iberdrolaと世界銀行は、洋上風力発電やグリーン水素発電など、新興国における新たなクリーン・エネルギー・プロジェクトを開発するため、引き続き協力の選択肢を分析すると述べた。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola and the World Bank extend their partnership with a 300 million green loan for renewable projects in emerging countries

(日本語参考訳)Iberdrola、新興市場におけるエネルギー転換プロジェクト向けに世界銀行から約480億円のESG連動融資を獲得

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る