BMW、2027年からミュンヘン工場でEVのみを生産

BMW、2027年からミュンヘン工場でEVのみを生産

1月10日、BMWグループは、ミュンヘン工場をグローバル生産ネットワークの最初の拠点として、EVのみの生産に移行すると発表した。

1922年に設立されたミュンヘン工場は、当初は航空機用エンジンを生産していたが、1948年にモーターサイクルの生産に移行し、1952年には自動車の生産に移行した。同工場では現在、1日あたり約1,000台の自動車を生産しており、そのうち約半数がEVである。

同工場では2026年から、BMWの電気セダン「ノイエ・クラッセ」を生産する予定である。同車の特徴は、ITとソフトウェア・アーキテクチャの完全な再定義、新世代の高性能電気ドライブトレインとバッテリー、車両のライフサイクル全体にわたるサステナビリティへの根本的に新しいアプローチであるとしている。

BMWは、この変革に備えるため、工場に6億5,000万(約1,032億円)ユーロを投資すると発表している。投資対象は、ロジスティクス・エリアと新しいボディ・ショップを備えた新しい車両組立ラインを含む4つの建物である。

新たな発表は、BMWが2021年に気候変動対策への取り組み拡大を約束したことを受けたもの。これには、ライフサイクルを通じて車両の排出量を大幅に削減すること、2030年までに車両1台当たりのCO2排出量を40%削減すること、2030年までに世界販売台数の最低50%をバッテリーEVにすることなどの目標が含まれている。

同社は昨年、EVの世界販売台数50%という目標は2030年より早く達成できる可能性があると述べていた。

【参照ページ】
(原文)Transformation to E-mobility: BMW Group’s Munich plant to produce exclusively all-electric models from the end of 2027
(日本語参考訳)BMW、2027年からミュンヘン工場でEVのみを生産

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る