RBC、ローンブックにおける排出量削減の目標を設定

10月26日、カナダロイヤル銀行(RBC)は、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約的なセクターに対する新たな中間融資による排出量削減目標を発表した。

この新しい目標は、2050年までに融資ポートフォリオでネット・ゼロを達成するというRBCのコミットメントの一環をなすものである。同行は2021年2月に、2025年までに持続可能な金融で5000億ドルを動員する目標とともに、ネット・ゼロのコミットメントを発表した。

RBCの2030年の新たな目標には、石油・ガス部門の排出量に占める割合が最も大きい石油・ガス上流、下流、総合部門において、スコープ1と2を35%削減し、排出量原単位を11%~27%改善することが含まれている。また、製造と金融を含む自動車部門では、スコープ1、2、スコープ3(タンク・トゥ・ホイール)の排出量を合わせて47%削減することを目標としている。

この中間目標は、国連が提唱するネット・ゼロ・バンキング・アライアンス(NZBA)のメンバーとして、銀行が融資活動を通じて世界のネット・ゼロ目標を推進するためのコミットメントとも合致している。RBCは2021年10月に、カナダの同業銀行であるBMO、CIBC、ナショナル・バンク・オブ・カナダ、スコシアバンク、TDとともに、NZBAに加盟した。

また、同行は、2025年までに5,000億ドルの持続可能な金融を提供するという戦略の概要を示す「持続可能な金融フレームワーク」を発表した。このフレームワークは、目標に向けたパフォーマンスを分類、追跡、開示するためのRBCの基礎を概説しており、グリーン活動や社会活動に向けた専用の目的型融資から、サステナビリティに焦点を当てた「純粋な」事業体向けの一般企業目的融資、サステナビリティとリンクした取引など、様々な形態のサステナブルファイナンスの適格基準を含んでいる。

【参照ページ】
(参考記事)RBC releases 2030 targets to reduce emissions intensity from carbon-heavy industries
(日本語訳)RBC、ローンブックにおける排出量削減の目標を設定

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る