機関投資家グループIIGCC、EUタクソノミーからガスを除外するよう議員に要請

機関投資家グループIIGCC、EUタクソノミーからガスを除外するよう議員に要請

1月12日、持続可能な投資に焦点を当てた団体である気候変動に関する機関投資家グループ(IIGCC)は、EU加盟国の代表者および議会議員に対して、EUタクソノミーのグリーン投資分類システムからガスを除外するよう求める公開書簡を発表した。

EUタクソノミーは、EUの持続可能な金融に関する技術専門家グループ(EU TEG)が策定した「持続可能な金融に関するEU行動計画」の一部である。そして、気候変動の緩和や気候変動への適応をはじめとする6つの環境目標のうち少なくとも1つに貢献し、他の目標に大きな損害を与えない重要な役割を果たす経済活動を分類できるようにしたシステム。

本規制は12月に承認された後、今年の初めに施行されたが、ガスと原子力をグリーン投資の対象分野として評価するかどうかは引き続き議論が続いている。ガスと原子力は、化石燃料による電力からより環境に優しいエネルギーシステムへの移行を促進するために必要とされる移行エネルギー源とみなされることが多い一方で、持続可能性に焦点を当てたいくつかのグループは、グリーンウォッシュの懸念を抱かせることになると警告している。

欧州委員会は、これらのエネルギー源をEUタクソノミーに分類するにはガスを再生可能エネルギー源から調達することや、2035年までに低排出量であることを義務付けるなど厳しい条件が必要であると述べたが、ドイツやオーストリアなど一部の加盟国の議員からはこれらのエネルギー源を含めることに強く反対する意見が出されている。

【参照ページ】
(原文)IIGCC publishes open letter calling for gas to be excluded from the EU Taxonomy
(日本語訳)IIGCC、EUの税制からガスを除外するよう議員に要請

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る