Maersk、2040年までにサプライチェーンのネット・ゼロ達成を約束

Maersk、2040年までにサプライチェーンのネット・ゼロ達成を約束

1月12日、総合コンテナ物流企業であるA.P. Moller – Maerskは、炭素削減目標を加速させ、事業全体およびすべての活動範囲において当初の目標である2050年より10年早い2040年のガス排出量純ゼロを目指すと発表し、この10年間で排出量を確実に削減するために2030年の短期目標を設定した。

この新しい目標には、2040年までに顧客へのサプライチェーンでネット・ゼロを実現するという約束も含まれており、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)の1.5C目標のネット・ゼロ基準に合致することが期待される。

Maerskの2030年の排出量削減目標には、Maerskの輸送船団のコンテナあたりの排出量を50%削減することと、ターミナルからの排出量の絶対量を70%削減することが盛り込まれている。Maerskによると、これにより2020年を基準とした場合、排出量の絶対値を35%~50%削減することができるという。また、Maerskは自然気候ソリューションのポートフォリオ構築にも投資し、2030年までに年間約500万トンのCO2削減を実現する予定だ。

2040年のネット・ゼロ・サプライ・チェーンに向けた進捗を最大化するため、同社はさまざまなグリーン製品についても2030年目標を設定している。海上輸送では、全輸送貨物の25%をグリーン燃料を使用した船舶で輸送し、輸送貨物の最低30%を持続可能な航空燃料(SAF)で輸送するという目標を掲げており、コントラクトロジスティクスとコールドチェーン事業では、ライフサイクルベースでの温室効果ガス排出量が少ない、または非常に少ない燃料やエネルギーを利用した事業を90%以上行うことも目標としている。

【参照ページ】
(原文)A.P. Moller – Maersk accelerates Net Zero emission targets to 2040 and sets milestone 2030 targets
(日本語訳)Maersk、2040年までにネット・ゼロのサプライチェーンの提供を約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る