Novelis、約420億円を自動車リサイクル施設に投資、年間100万トン以上の炭素排出削減を目指す

Novelis、約420億円を自動車リサイクル施設に投資、年間100万トン以上の炭素排出削減を目指す

1月11日、アルミニウム圧延・リサイクル企業のNovelisは3億6,500万ドル(約420億円)を投じて自動車リサイクルセンターを建設する計画を発表した。この新しい施設は、ケンタッキー州ガスリーにあるNovelisの既存の自動車用仕上げ加工工場に隣接して建設される予定だ。

本施設により、同社は自動車顧客とのクローズドループリサイクルプログラムを拡大し、自動車部品を板からプレス加工した後に残るアルミニウムを引き取り、新しい自動車用に同じ製品に作り直すことができるようになる。さらに、この新しい施設では、自動車のライフサイクルの終わりにあるアルミニウムを処理することも可能である。

Novelisによると、再生アルミニウムの使用は、一次アルミニウムの製造に使用されるエネルギーの5%しか必要としないため、製造に伴う炭素排出の95%を回避することができるという。

【参照ページ】
(原文)Novelis to Build $365 Million Recycling Center to Support North American Automotive Customers and Reduce Carbon Emissions by More Than One Million Tons a Year
(日本語訳)Novelis、3億6500万ドルを自動車リサイクル施設に投資、年間100万トン以上の炭素排出削減を目指す

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る