Ascend Elements、約677億円を調達

クローズド・ループEVバッテリー材料のAscend Elementsが約677億円を調達

9月6日、持続可能な電池材料を提供するAscend Elementsは、シリーズDエクイティ資金調達ラウンドで4億6,000万ドル(約677億円)を調達したと発表した。

同社によると、今年初めの株式投資8200万ドル(約120億円)と合わせると、今回の資金調達は、今年これまでに米国で行われたクリーンテック関連の株式私募としては最大規模のものとなる。

2015年に設立されたマサチューセッツ州ウェストボローに本拠を置くAscend Elementsは、EVバッテリーのリサイクルからリチウムイオン電池前駆体(pCAM)と正極活物質(CAM)の商業規模の生産まで、クローズドループのバッテリー材料ソリューションを提供している。同社は、使用済みリチウムイオン電池から新しい正極材料を製造しており、現行の方法よりも効率的な独自技術を活用することで、低コスト、性能向上、排出量削減を可能にしている。

Ascend Elementsは、新たな資金調達ラウンドと、昨年超党派インフラ法の一環として同社が受け取った米エネルギー省の助成金4億8,000万ドル(約706億円)を、ケンタッキー州を拠点とする新施設の建設に充てると発表した。同社は、100万平方フィートの施設が完成すれば、年間75万台の電気自動車向けに持続可能なpCAMを生産することになると付け加えた。

今回の資金調達ラウンドは、Decarbonization Partners、Temasek、Qatar Investment Authority(QIA)が主導し、Tenaska、Alliance Resource Partners、PULSE – CMA CGM Energy Fund、BHP Ventures、Fifth Wall、Hitachi Ventures、Mirae Asset、At One Ventures、Agave Partners、Alumni Venturesなどの投資家が参加した。

【参照ページ】
(原文)Ascend Elements Raises $542 Million to Accelerate Production of U.S.-engineered Lithium-Ion Battery Materials
(日本語参考訳)Ascend Elements、5億4200万ドルを調達、米国製リチウムイオン電池材料の生産を加速

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る