化学メーカー3M、2025年までに「永遠の化学物質」PFASの製造を中止

12月20日、世界的な化学・電気素材メーカーである3Mは、「永遠の化学物質」として広く知られているPFASの製造と使用を、2025年末までに同社の製品ポートフォリオ全体で中止すると発表した。

PFASは、1940年代以降、消費者製品や工業製品に幅広く使用されてきた化学物質の一群である。食品包装材、繊維、台所用品、消火用泡沫、電子機器などの製品によく含まれており、この化学物質は非常に難分解性で、時間が経っても分解されない傾向があり、人体や環境中に蓄積されることが分かっていた。またPFASは、低体重児出産、がん、甲状腺ホルモン障害、免疫系への影響など、人体に悪影響を及ぼす可能性があると考えられている。

3Mによると、今回のPFASの削減・除去に焦点を当てた規制の動向や、利害関係者の期待の変化などは、複数の要因を考慮した上で決定したという。同社のPFASの年間売上高は約13億ドル(約1,720億円)で、EBITDAマージンは約16%と推定される。

【参照ページ】
(原文)3M to Exit PFAS Manufacturing by the End of 2025
(日本語参考訳)3M、2025年までに “Forever Chemical “PFASの製造中止を決定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る