化学メーカー3M、2025年までに「永遠の化学物質」PFASの製造を中止

12月20日、世界的な化学・電気素材メーカーである3Mは、「永遠の化学物質」として広く知られているPFASの製造と使用を、2025年末までに同社の製品ポートフォリオ全体で中止すると発表した。

PFASは、1940年代以降、消費者製品や工業製品に幅広く使用されてきた化学物質の一群である。食品包装材、繊維、台所用品、消火用泡沫、電子機器などの製品によく含まれており、この化学物質は非常に難分解性で、時間が経っても分解されない傾向があり、人体や環境中に蓄積されることが分かっていた。またPFASは、低体重児出産、がん、甲状腺ホルモン障害、免疫系への影響など、人体に悪影響を及ぼす可能性があると考えられている。

3Mによると、今回のPFASの削減・除去に焦点を当てた規制の動向や、利害関係者の期待の変化などは、複数の要因を考慮した上で決定したという。同社のPFASの年間売上高は約13億ドル(約1,720億円)で、EBITDAマージンは約16%と推定される。

【参照ページ】
(原文)3M to Exit PFAS Manufacturing by the End of 2025
(日本語参考訳)3M、2025年までに “Forever Chemical “PFASの製造中止を決定

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る