フランス、責任投資ラベル付きファンドから化石燃料企業を禁止

フランス、責任投資ラベル付きファンドから化石燃料企業を禁止

11月8日、フランスのブルーノ・ル・メール経済・金融・復興相は、フランスの社会的責任投資(SRI)ラベルの一連の更新を発表した。本ラベルは、SRIラベル付きファンドからほとんどの石油・ガス企業を事実上除外する新たなルールを含む、より厳しく気候変動志向のラベルにすることを目的としている。

SRIラベルは、フランス経済財務省が2016年に立ち上げたもので、ESG原則を統合した貯蓄手段への一般投資家の投資を可能にすることを目的としている。独立機関による厳格なコンプライアンス・プロセスを経て付与されるこのラベルは、生命保険の口座単位や退職貯蓄プランで体系的に参照されている。

現在、7,700億ユーロ(約124兆円)以上の運用資産に相当する約1,200のファンドがSRIラベルを利用している。

今回の更新は、ル・メール首相が2021年にSRIラベルの野心と要件を強化することを目的とした委員会を発足させたことを受けたもので、経済財務省は、2016年以来大幅な更新が行われていないと述べている。

委員会の勧告に基づき、SRIラベルは、より厳格な要件と気候変動への影響を主要な原則とするよう更新される予定である。新しい規則では、SRIラベルの付いたファンドは、石炭や非在来型炭化水素を開発する企業や、新しい石油やガスの探査、生産、精製プロジェクトを立ち上げる企業を除外することが求められる。

また新規則では、SRIラベル付きファンドに組み入れられる企業に対し、パリ協定に沿った移行計画の策定が義務付けられる。

【参照ページ】
(原文)France’s SRI label reform: A greener path for responsible investment
(日本語参考訳)フランスのSRIラベル改革: より環境に優しい責任投資の道

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る