小売業者Dollarama、約1,100億円の与信枠にESG目標を組み入れる

Dollarama、約1,100億円の与信枠にESG目標を組み入れる

7月7日、カナダの小売業者であるDollaramaは、約1,100億円の信用枠を、気候変動や多様性に関する目標達成に連動した条件でのサステナビリティ・リンク・ローンに変更したと発表した。

ダラマCEOのニール・ロッシーによると、この取り組みにより、同社はクレジット契約にESG目標を組み込んだカナダ最初の小売業者の1つとなる。

今回の持続可能性関連融資は、同社の全体的なESG戦略に関連する2つの具体的な目標に関連しており、スコープ1と2の温室効果ガス(GHG)排出強度を削減する気候変動とエネルギー管理、および管理職における女性の性別代表を増やす多様性と平等性と包括性(DAI)目標が含まれている。

DollaramaのESG目標には、2030年までにスコープ1と2のGHG排出量を25%削減し、管理職の女性比率を40%以上に維持することが含まれている。

【参照ページ】
(原文)DOLLARAMA CONVERTS TO SUSTAINABILITY-LINKED CREDIT FACILITIES AND UPSIZES ITS U.S. COMMERCIAL PAPER PROGRAM
(日本語訳)Dollarama、持続可能性に配慮したクレジット・ファシリティに転換し、米国のコマーシャル・ペーパー・プログラムを大型化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る