S&P DJI、BOCHK、香港湾岸地域の企業を対象とした気候変動インデックスを開始

S&P DJI、BOCHK、香港湾岸地域の企業を対象とした気候変動インデックスを開始

7月8日、インデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P DJI)と中国銀行香港(BOCHK)は、中国香港大湾区(GBA)の企業を対象とした初の気候変動インデックスを立ち上げると発表した。

新しい「S&P BOCHK China Hong Kong Greater Bay Area Net Zero 2050 Climate Transition Index」は、様々な脱炭素化目標を達成しながら、ベイエリア内の企業のパフォーマンスを測定するために設計されている。S&P DJIによると、本指数は、排出量パフォーマンスが改善された企業に資本を振り向けることを目的とした投資ツールにも利用できる。

本インデックスは、S&P中国・香港グレーターベイエリアインデックスから、地球温暖化1.5℃の気候シナリオに適合するよう選定・加重された適格株式銘柄のパフォーマンスを測定する。インデックスは、パリ協定の目標を達成し、グリーンウォッシュのリスクを軽減するために、EUの気候変動ベンチマーク(CTB)規制の最低基準を満たすように設計されている。

CTBの基準には、年間7%の脱炭素化、市場指数に対するGHG排出原単位の最低30%削減が含まれる。

また、新しいインデックスにはESGスクリーニング基準が適用され、議論を呼ぶ武器やタバコなどの事業活動への企業の関与、国連グローバル・コンパクトの原則との整合性、関連するESG論争への関与などに基づいている。

【参照ページ】
(原文)BOCHK and S&P Dow Jones Indices launches the first climate transition index targeting the Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Area

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る