LeapFrog Investments、気候変動緩和・適応投資戦略を発表

11月3日、インパクト重視の投資会社であるLeapFrogは、低所得者層における気候変動の緩和と適応を可能にする企業や技術の支援を目的とした新しい気候投資戦略を立ち上げたと発表した。

同社によると、新戦略では、新興市場でコスト競争力のあるグリーン製品・技術・サービスを提供する企業に焦点を当て、従量制の屋上太陽光発電、分散型エネルギーシステム、2輪電気自動車、スマート農法などのソリューションを提供する予定だ。

LeapFrogは、先進国および途上国の起業家と協力し、生活水準の向上と環境保護のために、これらのグリーンテクノロジーへのアクセスを拡大する計画である。

【参照ページ】
(原文)LeapFrog Launches Climate Investment Strategy
(日本語訳)LeapFrog が気候投資戦略を開始し、新しいパートナーを任命 

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る