インパクト評価スタートアップのProof of Impactが約8億円の資金調達を実施

インパクト評価スタートアップのProof of Impactが約8億円の資金調達を実施

8月2日、ESGおよびインパクトデータのインテリジェンスプラットフォームProof of Impact(POI)は、プレシリーズA資金調達ラウンドで600万ドル(約8億円)を調達したことを発表した。

2019年に設立されたPOIのデジタルプラットフォームは、ESGおよびインパクトデータを収集、検証、可視化し、きめ細かい洞察と文脈分析を提供し、投資家や企業がインパクトとESG関連の進捗を評価し、検証したインパクトを財務パフォーマンスと関連付けられるようにすることを目的としている。本プラットフォームは現在、30以上の産業で運用されている。

今回の資金調達により、POIは、プライベートクレジットやプライベートエクイティのファンドマネージャーを中心とした市場開拓を加速させ、インパクト連動型金融ソリューションを拡大し、ブロックチェーンベースのイノベーションを含むコア製品の提供をさらに拡大させるために使用される。

本資金調達ラウンドは、当初の目標額500万ドル(約6.7億円)から大きく拡大した。同ラウンドは、楽天キャピタルが主導し、フランクリン・テンプルトン・ブロックチェーンファンド、Five T、ブロックロケットVC、アドバイタ・キャピタル、および既存の投資家フランクリン・テンプルトン・アドバイザーズ、CV VC、ワーキングキャピタルファンド、アシリ、オックスフォードエンジェルファンドなどのグローバル投資家が参加して行われた。

【参考ページ】
(原文)Proof of Impact Raises $6 Million in Pre-Series A Funding
(日本語訳)Proof of ImpactがプレシリーズA資金調達で600万ドルを調達

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る