シンガポールが初のグリーンボンドを発行

8月1日、シンガポール金融管理局(MAS)の発表によると、シンガポール政府は、350億シンガポールドル(約3.4兆円)の複数年グリーンボンドプログラムを開始し、少なくとも15億シンガポールドル(約1,500億円)を発行する予定であることを明らかにした。

同債券は、シンガポールが最近打ち出した持続可能な移行戦略「シンガポール・グリーンプラン2030」を支援するために使用され、MASは、大量輸送のシェアを拡大するという同計画の目標を支援するため、シンガポールの電気鉄道網を拡張するプロジェクトを強調している。

シンガポールは、2030年頃に排出量のピークを迎えることを約束しており、最近では、2050年までに排出量を半減し、”今世紀後半のできるだけ早い時期に “ネット・ゼロを達成するという従来の公約から、今世紀半ば頃までに排出量をゼロにするという野心を加速することを発表している。

今回の募集開始は、政府が6月に発表したグリーンボンド・フレームワークに基づくもので、グリーンボンドの資金による投資の対象カテゴリーとして、再生可能エネルギー、エネルギー効率、グリーンビル、クリーン輸送、持続可能な水・排水管理、汚染防止・抑制・循環経済、気候変動適応、生物多様性保全と天然資源・土地利用の持続可能な管理などが挙げられていることを受けている。

政府は、2030年までに最大350億シンガポールドル(約3.4兆円)のソブリン債および公的セクターのグリーンボンドを発行することを目指すと表明している。

シンガポール初のグリーンボンドは、2021年重要インフラ政府融資法(SINGA)に基づき発行される予定だ。グリーンボンドの枠組みに概説されているグリーンカテゴリーの基準を満たすことに加え、プロジェクトはSINGAのもとで国家的に重要なインフラに分類される必要がある。MASによると、今回の募集による投資には、ジュロン・リージョン・ラインとクロス・アイランド・ラインの鉄道路線への投資が含まれ、大量公共輸送機関のモーダルシェア75%を達成するというグリーンプランの目標をサポートする。

今回の募集では、SGS(シンガポール政府証券)の新しい発行方法としてシンジケーションを導入し、銀行グループをブックランナーとして任命し、共同でマーケティングと流通を行う。本案件のブックランナーには、DBS銀行、ドイツ銀行、HSBC、OCBC、スタンダードチャータード銀行が名を連ねている。

債券はシンガポールドル建てで、償還期限は30年または50年のいずれかになる。15億シンガポールドル( 約1,500億円 )は、ベンチマークへの組み入れに必要な最低額である。

【参照ページ】
(原文)MAS to Launch Inaugural Singapore Sovereign Green Bond Issuance
(日本語訳)MAS、シンガポール初のソブリン・グリーンボンド発行に着手

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る