EU、一般製品安全規則を改正、製品の安全性と消費者保護を強化

4月25日、EU理事会は、オフラインとオンラインの両方で販売される製品の安全規則を強化する一般製品安全規則(GPSR)の改正を可決した。 本規制は、製品の安全性と消費者保護を強化するものである。

オンラインマーケットプレイス(Eコマース)では、プラットフォーム上で危険な製品を検出した場合、製品の安全性を担当する単一の市場監視当局との窓口を確立する必要がある。市場監視当局は、Eコマースに対し、プラットフォームから危険な製品を削除するか、アクセスを無効にするよう命令できる。

製品が安全でないことが判明した場合、運営者は直ちに是正措置を講じ、市場監視当局と消費者に通知する必要が生じる。また、製品リコールが発動した場合、消費者は修理・交換、または返金を受ける権利が確保され、少なくとも2つのオプションから選択できる。

本改正は、オンラインで販売される商品や製品の増加を背景に、ルールを現在のデジタルおよび技術の発展に適合させる必要性を受けたもの。 本改正によって、GPSRは、国内規則に置き換える必要のあった一般的な製品安全指令から、加盟国による異なる置き換えの余地を残さない規則に変更される。

【参照ページ】
(原文)Council gives final green light to legislation that will make products safer for consumers
(日本語訳)EU、一般製品安全規則を改正、 製品の安全性と消費者保護を強化

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る