EYレポート: プロキシ・シーズンでは、気候と多様性に関する投資家の行動が拡大していることが明らかに

EY

2021年の委任状シーズンは、企業にとって多くの教訓をもたらした。特に、いくつかの主要なESG課題に対する株主の関心が高まっていることや、投資家が投票やエンゲージメントを通じてこれらの課題に対処する意欲が高まっていることが、EYが発表した新しいレポートに示されている。

EYの調査によると、最近の委任状提出シーズンでは、気候変動やDEI(Diversity, Equity and Inclusion)などのサステナビリティに関する株主提案が大幅に増加し、その提案に対する支持率も過去最高となった。ESGへの取り組みや行動がますます注目を集める中、多くの企業が監視、説明責任、透明性の向上を目指した取り組みを通じて対応している。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る