カーライル、欧州の再生可能エネルギー開発プラットフォームを立ち上げ

カーライル、欧州の再生可能エネルギー開発プラットフォームを立ち上げ

11月15日、グローバルなプライベートキャピタル投資会社であるカーライル・グループは、新しい再生可能エネルギー開発プラットフォームであるTelis Energyの立ち上げを発表した。2030年までに10GW以上のプロジェクトパイプラインを整備することを目標としている。

Telis Energyはロンドンに拠点を置き、英国、フランス、スペイン、ドイツにおいて、太陽光発電を中心とした高品質な再生可能エネルギープロジェクトの開発・提携を行い、欧州の他市場への展開を目指す。

カーライルの発表は、世界の主要なプライベート・マーケット企業が、低炭素エネルギー源への移行から生じる大きな投資機会を生かそうとする姿勢を示している。プライベート・エクイティ企業の Apollo と Blackstone はそれぞれ、今後10年間でエネルギー転換と気候変動対策に1,000億ドル(約13.9兆円)の投資機会を見込んでいると発言しており、それぞれが過去数カ月の間にエネルギー転換に焦点を当てたプラットフォームを立ち上げている。

カーライルはエネルギー転換に積極的に投資している。最近では米国に特化した公益事業規模の持続可能なインフラプラットフォームCopia Powerを立ち上げ、エネルギー開発・運営会社のTenaskaから6GWの太陽光と蓄電の開発パイプラインを買収した。今年初めには、エネルギー転換に特化した投資プラットフォームの立ち上げも発表している。

【関連記事】カーライル、世界的なエネルギー転換に特化した投資プラットフォームを立ち上げ

【参照ページ】
(原文)Carlyle launches renewable energy development platform Telis Energy in Europe
(日本語訳)Carlyle が再生可能エネルギー開発プラットフォーム Telis Energy をヨーロッパで開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る