EIOPA、ヨーロッパの保険会社の物理的な気候変動リスクへのエクスポージャーを評価

5月20日、欧州保険・企業年金監督局(以下、EIOPA)は、気候変動リスクによる保険業界へのエクスポージャーに関する報告書を発表した。

本報告書は、業界からの大規模なデータ収集に基づき、風災・山火事・河川洪水・沿岸洪水のリスクに対する財物保険、コンテンツ保険、事業中断保険に焦点をあてている。これらのリスクは、現在および将来の観点から、欧州の損害保険事業にとって最も関連性が高く、最も破壊的となりうるリスクである。

また、本報告書では、欧州の保険セクターの気候関連危険へのエクスポージャーに関する初期評価を提供し、この比較的新しい分野での今後の取り組みに情報を提供した。その結果、サンプルに含まれる欧州のグループおよび単独事業は、本報告書で分析した欧州の3つの主要な自然災害から生じるクレームに対して歴史的に十分な対応能力を有していると示された。しかし、保険部門がそのような災害の影響に対して財務的な保護を提供し続けることができるかどうかは、気候変動の影響を測定し、事業戦略を適応させることができるかどうかにかかっている。

最後に、本報告書の調査結果は、保険業界が気候変動に備えるために、まだやるべきことがあることを示している。EIOPAは、各国の所轄官庁や保険業界と協力し、気候変動の影響に対する保険業界の認識を高め、その準備に貢献するための活動を続けていく。

【関連記事】EIOPA、今後3年間のサステナブルファイナンス活動を発表

【参照ページ】
(原文)EIOPA assesses European insurers’ exposure to physical climate change risks
(日本語訳)EIOPA、欧州の保険会社の物理的な気候変動リスクへのエクスポージャーを評価

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る