EIOPA、今後3年間のサステナブルファイナンス活動を発表

EIOPA、今後3年間のサステナブルファイナンス活動を発表

12月17日、欧州保険・職業年金機構(EIOPA)は、監督官庁、産業界、消費者団体、学界の代表者を集め、持続可能性リスクに対する社会の回復力、保険会社や年金の役割などEIOPAの取り組みについて話し合う、第5回持続可能金融ラウンドテーブルを開催した。

その中でEIOPA は自らの業務のあらゆる分野に持続可能な金融を統合するための3カ年計画を発表した。2022年から2024年にかけて、EIOPAはその主要な活動領域を定義している。

EIOPAは、保険会社や年金基金の持続可能性リスクの統合を進めるため、ソルベンシーⅡにおける気候変動リスクの監督報告に関する提案の策定、環境・社会的目標に関連する資産・活動のソルベンシーⅡにおけるプルデンシャルな取り扱いの分析などを行う。また、EIOPAは、損害保険商品に気候変動に関連する適応策を組み込んだ場合の引受慣行や取り扱いについて報告する。


さらに、EIOPAは持続可能金融開示規則やタクソノミ規則に基づく開示に関するガイダンスの提供、保険販売プロセスにおける持続可能性関連条項の適用、グリーンウォッシュへの対応策に関する欧州委員会への助言を通じて、持続可能性の開示と持続可能な事業活動の枠組みも促進していく。

持続可能な金融は、引き続きEIOPAの優先事項の一つである。EIOPAの活動の焦点は、引き続きエビデンスに基づくものであり、社会のリスクの大部分を管理し、重要な長期投資家である保険会社や年金基金が、気候変動がもたらすリスクの軽減と適応においてその役割を強化できるよう支援するものである。同時に、これはより持続可能で強靭な経済への移行を支援するものである必要がある。

【参照ページ】
(原文)Sustainable finance roundtable: EIOPA announces its sustainable finance activities for the coming three years
(日本語訳)サステイナブル・ファイナンス・ラウンドテーブル EIOPA、今後3年間のサステナブルファイナンス活動を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る