米英加、ミャンマー軍事政権に対する追加制裁を発動

1月31日、米財務省(OFAC)はミャンマー国軍に関係のある個人7人、事業体2社に対し、追加法令を発動した。ミャンマーにおけるクーデター発生から1年を迎えるなかで、英国、カナダと連携した措置を取っている。

今回の制裁対象である個人は、軍事政権に直接関与している人物として、ティーダウー司法長官、トゥントゥンウー最高裁判所長官、ティンウー汚職防止委員会委員長らが、アウンサンスーチー氏を含む民主化の指導者らに対する政治目的の訴追を企てたことなどを理由に指定されている。

事業体については、港湾管理企業であるKTサービス・ロジスティクスがミャンマー国軍への資金援助をしたこと、また、陸軍兵たん局が軍事政権のために軍事装備品を調達したことを理由に指定した。

本制裁では、対象人物の在米資産凍結や、米国人との資金・物品・サービスの取引禁止を科す。また英財務省とカナダ外務省も同日に制裁を発動するなど、米英加の3ヶ国連携制裁となっている。

【参照ページ】
(参考記事)米財務省、ミャンマー国軍関係者7人と事業体2社を制裁対象に指定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る