HP、持続可能なファイバーベースのパッケージング企業Choose Packagingを買収

HP、持続可能なファイバーベースのパッケージング企業Choose Packagingを買収

2月2日、テクノロジー大手HPは、プラスチックフリーのパッケージ開発会社であるChoose Packagingの買収を発表した。Chooseは、世界で唯一市販されているプラスチックゼロの紙製ボトルを発明した企業である。

2018年に設立されたChooseは、植物由来の防水PETフリーライナーを敷いた紙のケーシングという特許取得済みのペーパーボトル技術を活用し、プラスチックボトルの代替品を提供している。同社のボトルは化石燃料由来の成分を必要とせず、自然界に存在する持続可能な方法で調達された、生分解性、堆肥化可能な材料で作られている。

HPは100億ドル(約1兆1,494億円)と推定される繊維ベースの持続可能なパッケージング市場を変革するために、カスタマイズ可能な繊維ベースの製品を市場に投入するための迅速かつ手頃な3Dプリント対応の成形繊維ツーリングソリューションを提供する。今後同社は、Chooseをパーソナライゼーション&3Dプリンティング・ビジネスに統合する予定だ。

同社は繊維ベースの100%プラスチックフリーのパッケージングにより、毎年1億5000万トン以上の使い捨てプラスチックが生産されている現市場を革新すると述べている。

【参照ページ】
(原文)HP Inc. Acquires Choose Packaging
(日本語訳)HP、持続可能なファイバーベースのパッケージング企業Choose Packagingを買収

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る