Noya、DACの加速に向け約14億円を調達

4月11日、Direct Air Capture(DAC)に特化した気候テックスタートアップのNoya PBCは、1100万ドル(約14億円)の調達を発表した。本資金は、同社の雇用、試験および製造能力の拡大、2023年下半期の最初の商業パイロット展開に活用することを目的としている。

サンフランシスコを拠点とするNoyaは、CEOのジョシュ・サントスとCTOのダニエル・カヴェロによって2020年に設立。手頃な価格で入手しやすい材料を使用し、モジュール式で拡張性のある設計を利用した直接空気捕捉(DAC)アプローチを開発した。同社は、クリーンエネルギー企業やCO2貯蔵企業と提携し、大気中のCO2を永久に除去することで、ネット・ゼロを目指す企業に炭素除去クレジットを提供している。Noyaのクレジットは、ShopifyやWatershedなどの企業によって購入されている。

本資金調達の発表は、炭素除去市場、特にDAC技術が、今後数年間で大きな成長を遂げるという位置づけにあることを示すものである。DAC技術は、IEAがネット・ゼロ・エネルギー・システムへの移行における重要な炭素除去オプションとして挙げており、大気中から直接二酸化炭素を抽出して原料として使用したり、貯蔵と組み合わせて永久的に除去したりする。昨年発表されたIPCCの気候変動緩和に関する画期的な研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオでは、二酸化炭素の除去方法が今後数十年にわたって年間数十億トンに拡大し、DACはそのかなりの部分を占める可能性があるとされている。

今回のシリーズA資金調達ラウンドは、ベンチャーキャピタルであるUnion Square VenturesとファンドマネジメントネットワークのCollaborative Fundが主導し、Lowercarbon Capital、Fifty Years、MCJ Collective、EQT Foundation、Climate Capital、Nexwell Group, および大学基金からの出資が含まれている。

【参照ページ】
(原文)Noya Raises $11M Series A to Accelerate Carbon Removal Deployment
(日本語訳)炭素除去のスタートアップNoya、DACの加速に向け1100万ドルを調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る