Lombard Odier、炭素市場の機会を狙ったファンドを立ち上げ

Lombard Odier、炭素市場の機会を狙ったファンドを立ち上げ

11月10日、世界的な資産運用会社であるLombard Odier Investment Managers(LOIM)は、世界の炭素市場の機会を捉えることを目的とした新しいアクティブ運用戦略を開始したことを発表した。

温室効果ガスの排出を相殺するカーボンオフセットプロジェクトや関連クレジットに対する需要は、今後数年間で大幅に増加すると予想されている。これは、企業や事業者がネット・ゼロの野望を打ち出し、自社の絶対的排出量削減努力への橋渡しとして、あるいは排出回避が難しいバランスを取るためにオフセットに目を向ける傾向がますます強まっているためだ。

急増する需要に応えるため、ロンドン証券取引所は先月、自主的な炭素市場向けの初の公開市場資本調達ソリューションを発表し、セールスフォースは9月、同社の電子商取引プラットフォーム上に構築した新しい炭素市場「Net Zero Marketplace」を導入するなど、炭素クレジット市場の発展を後押しするイニシアティブがいくつか登場している。香港証券取引所(HKEX)も先月、炭素市場の立ち上げを発表している。

LOIMによると、新しいGlobal Carbon Opportunity戦略の主な特徴は、アクセスが困難な新市場や新興の炭素市場を含む、世界的に魅力的なリスクとリターンの機会への参加を追求し、市場の非効率性を活用することで質の高いアルファを生み出し、ネット・ゼロと自然肯定への移行を促進することにある。また、本戦略では、価格ショックから保護するため、テールリスクを積極的に管理する予定だ。

【参考ページ】
(原文)Lombard Odier targets carbon markets with new fund
(日本語訳)ロンバー・オディエ、炭素市場をターゲットにした新ファンドを設立

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る