Watershed、カーボンデータプロバイダーVitalMetricsを買収

4月11日、気候ソリューションソフトウェアを提供するWatershedは、環境データベース・プロバイダーのVitalMetricsを買収したことを発表した。本買収により、同社の顧客は、グローバルなカバー率と粒度で排出量を測定し、高まる検証・監査基準に対応することができるようになる。

2005年に設立されたVitalMetricsは、排出量データの測定と報告を支援するソリューション、サービス、データを提供しており、複数地域の温室効果ガス(GHG)排出量データベースCEDA(The Comprehensive Environmental Data Archive)を開発している。CEDAは、148の国と400の活動において60万の排出係数を含み、年2回更新され、世界の排出量の95%をカバーするデータベースを通じて、スコープ3などの測定が困難な排出量の算出を支援する。

Watershedのソフトウェアプラットフォームは、企業の気候変動プログラムの計画、実施、運営を支援する。同社のソリューションによって、企業はスコープ1、2、3の排出量を分析・測定することができる。本買収は、同社が昨年行った7,000万ドル(約93億円)のシリーズB増資に続くもので、同社の評価額は10億ドル(約1,300億円)に達する。本資金調達は、ベンチャーキャピタルのSequoiaとKleiner Perkinsが共同で主導した。

Watershedは、今後もCEDAへのグローバルなアクセスを提供し、気候科学の研究と教育を促進するため、学術機関や非営利団体にCEDAデータを無償で提供するCEDA Academicを開始すると述べている。

【参照ページ】
(原文)VitalMetrics joins Watershed: A conversation with Dr. Sangwon Suh
(日本語訳)Watershed、カーボンデータプロバイダーVitalMetricsを買収

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る