TotalEnergies、石油製品使用時の排出量削減目標を強化

 

3月21日、TotalEnergiesは、2030年までにスコープ3の石油排出量(顧客による当社製品の使用による排出量を含む)を従来の30%から40%削減する目標を含む、一連の気候変動目標の強化・加速を発表した。

しかし、石油の排出量に関する新たな目標にもかかわらず、TotalEnergiesはスコープ3の総排出量の目標を強化せず、2030年までに400 Mt COeを達成するという従来の野心を維持した。これは、2015年レベルの410 Mtからわずかに減少するだけで、LNG生産の成長を促進するために、2022年に達成した389 Mtから増加する可能性がある。また、2030年までの投資額の約30%は、引き続き新規の石油・ガスプロジェクトの開発に充てると述べている。

同社の新たな目標は、「サステナビリティと気候-2023年進捗報告書」の発表と同時に発表され、2015年以降、顧客に販売するエネルギー製品のライフサイクル炭素強度を12%削減し、2021年には10%削減することや、スコープ3の石油排出量を2015年から27%削減し、2021年の時点で19%削減するなどの成果を強調している。

しかし、同社のScope3石油排出量の減少に伴い、ガスからのScope3排出量の増加により、減少が少なくとも一部相殺されている。例えば、2020年以降、石油のスコープ3排出量は66 Mt(COVIDの影響を除く)減少して254 Mtとなったが、ガスのスコープ3排出量は50 Mt増加し130 Mtとなった。

同社が発表したその他の新たな目標としては、スコープ1および2の排出量を、事前の目標である40Mtから2025年には38Mt未満に削減し、ライフサイクル炭素強度(スコープ1、2、3を含む)の削減を2015年基準で2025年までに15%(事前目標10%)、2030年までに25%(事前20%)とする。

また、低炭素エネルギーへの投資を2022年の40億ドル(約5,300億円)から2023年には50億ドル(約6,626億円)に拡大するとしている。

TotalEnergiesの進捗報告書は、2023年5月に開催される同社の年次総会で、株主に対して協議投票が行われる予定である。

【参照ページ】
(原文)Presentation Strategy, Sustainability & Climate, More energy, less emissions
(日本語参考訳)TotalEnergies、石油製品使用時の排出量削減目標を強化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る