Chipotle、役員報酬を循環型経済・多様性・地元食品調達の目標に連動

ファストフードチェーンChipotle、役員報酬を循環型経済・多様性・地元食品調達の目標に関連付ける

3月22日、米ファストフードチェーンChipotle Mexican Grillは、役員インセンティブ報酬に連動させる2023年のESG目標について、地元産の農産物をより多く使用すること、多様性を改善すること、埋立地への廃棄物を削減することなどを発表した。

2022年目標の発表は、Chipotleが2021年に導入した、「食と動物」「人」「環境」を含むカテゴリー別のESG目標と役員報酬を連動させる指標に続くものである。目標達成に向けたパフォーマンスは、2023年の年間インセンティブボーナスに最大15%のプラスまたはマイナスの影響を与える可能性がある。

2023年の目標は、地元産の食材を前年度の3,640万ポンド(約58億円)から3,750万ポンド(約60億円)以上購入すること、レストランのサポートセンターおよびフィールドオペレーション職における多様な従業員の定着率を改善すること、コンポストプログラムに参加する店舗数を現在の約1000店舗から23%増加すること、2025年までに転換率を向上し埋立地への廃棄物を5%削減するという同社の幅広い目標に応えることである。

また、Chipotleは、昨年のインセンティブプログラムで設定した目標を上回ったことを明らかにした。
詳細は以下の通りである。

  • 有機栽培、移行栽培、地元産の食材を少なくとも5,700万ポンド(約91億円)購入
    →5830万ポンド(約94億円)達成
  • レストランサポートセンター職や現場管理職に昇進する候補者の社内パイプラインにおける多様性を60%以上
    →63.6%達成
  • スコープ1と2の温室効果ガス(GHG)排出量を少なくとも5%削減
    →13%削減

【参照ページ】
(原文)CHIPOTLE ANNOUNCES 2023 ENVIRONMENTAL, SOCIAL AND GOVERNANCE GOALS TIED TO EXECUTIVE COMPENSATION
(日本語参考訳)ファストフードチェーンChipotle、役員報酬を循環型経済・多様性・地元食品調達の目標に関連付ける

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る