Orchard Street、新インパクト・ファンドの手数料をサステナビリティ目標の達成に連動させる

Orchard Street、新インパクト・ファンドの手数料をサステナビリティ目標の達成に連動させる

11月1日、商業用不動産投資運用会社であるOrchard Streetは、同社初のインパクト・ファンドであるOrchard Street 社会・環境・インパクト・パートナーシップ(SEIP)を立ち上げ、9,000万ポンド(約150億円)を出資して最初のクローズを行ったことを発表した。

同ファンドは、測定可能な社会的・環境的インパクトを生み出す可能性を持つ不動産投資機会を対象としている。

インパクトの重点分野には、既存の建物の脱炭素化、地域コミュニティへの投資、空気の質の改善・緑地へのアクセス・健康器具の追加などを通じてその建物で生活し働く人々にとってより健康的な建物にすること、が含まれる。

同社は、パフォーマンス・フィーの30%をファンドの特定のインパクト目標の達成に連動させたと述べている。

同ファンドの基軸となる投資家は、英国の地方政府年金制度のプールの一つであるBrunel Pension Partnershipである。さらに、Orchard StreetのパートナーおよびOrchard Streetのシニアチームのメンバーも、新しいファンドに共同投資のコミットメントをしている。

【参照ページ】
(原文)Orchard Street announces first close of £400 million Impact Fund focused on decarbonisation, community investment and wellness | Orchard Street (orchard-street.co.uk)
(日本語訳)Orchard Street、脱炭素化、コミュニティへの投資、ウェルネスに焦点を当てた 4 億ポンドのインパクト ファンドの初回クローズを発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る