Federated Hermes、カーボン、水、廃棄物のリーダーを対象としたArticle 9投資適格クレジット・ファンドを立ち上げ

フェデレイテッド・エルメス、カーボン、水、廃棄物のリーダーを対象としたArticle 9投資適格クレジット・ファンドを立ち上げ

3月27日、Federated Hermesは、炭素、水、廃棄物を含む環境フットプリントを削減し、トータルリターンを提供することを目的とした「Federated Hermes Sustainable Global Investment Grade Credit Fund」の立ち上げを発表した。

EUの持続可能な金融情報開示規則(SFDR)第9条に準拠した新ファンドは、持続可能性に焦点を当てた投資マネージャーであるCCLAを基幹投資家として立ち上げられる。

CCLAの投資ソリューション部門責任者であるBen Funnellは、この数ヶ月間、投資適格クレジットが資産クラスとして「大幅に魅力的に評価されるようになった」ことを受けて、このファンドを立ち上げると述べている。

Federated Hermesによると、本ファンドは主に持続可能なリーダー企業を対象とし、持続可能性の勢いが明らかな発行体にも臨機応変に投資する予定だ。セキュリティの選定には、独自のスコアリング・モデルやエンゲージメントに関する専門知識を活用するほか、排除の枠組みを使用する。

新ファンドは、Federated Hermesのシニア・ポートフォリオ・マネージャーのNachu ChockalingamとOrla Garveyが共同で運用する予定だ。

【参照ページ】
Fund launched with Cornerstone Investor, CCLA

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る