インテル、カーボンニュートラル達成へのロードマップを発表

インテル、気候変動への対応強化 – カーボンニュートラル達成へのロードマップを発表

11月14日、半導体大手の米国企業、インテルは、気候変動に対する移行計画「気候トランジション・アクション・プラン」を発表した。同社は2022年において、スコープ1およびスコープ2において2040年までにカーボンニュートラルを達成し、スコープ3でも2030年までに30%の削減を目指すと発表していた。今回の新プランは、これらの目標を達成するための具体的な行動計画を示したものである。

オペレーションにおいては、2030年までにスコープ1およびスコープ2の二酸化炭素排出量を総量で2019年比10%削減し、2040年までにこれらの排出をゼロにすることを目指す。そのために、2030年までには100%再生可能エネルギーへの転換や省エネ化を進め、LEED認証を取得した新しい工場や施設の建設も計画されている。また、小さい化学物質の特定と排出の削減に向けた新しい取り組みも展開される。

サプライチェーンにおいては、2030年までにスコープ3の二酸化炭素排出をベースライン比30%削減し、2050年までには上流でのカーボンニュートラルを達成することを目指す。これには、サプライヤーへの再生可能エネルギー転換支援や、業界全体での排出削減アクションの推進が含まれる。

製品においては、2030年までにPCおよびサーバー向けのマイクロプロセッサー製品のエネルギー効率を10倍に向上させ、スコープ3の排出削減を目指す。同時に、将来のクライアント・フォームファクター向けのプラットフォーム・リファレンスデザインの二酸化炭素排出を30%以上削減する計画も発表された。

気候トランジション・アクション・プランでは、2020年から2030年、2031年から2040年、2041年から2050年という大まかな3つの時期にわたり、具体的なロードマップが提示されている。これには、製造プロセスの効率向上や新技術の導入、再生可能エネルギーの普及などが含まれている。

インテルは、気候変動に対する積極的な取り組みを通じて、長期的な持続可能性と環境貢献を目指している。

【参照ページ】
Intel Publishes Climate Transition Action Plan

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る