G20環境・気候相会合、インドのチェンナイで開催、コミュニケ採択には至らず

7月28日、G20環境・気候相がインドのチェンナイで会合を開催した。議長国インドが「成果文書及び議長総括」を発出。「気候変動」「土地と生物多様性」「水資源管理」「ブルーエコノミー」「サーキュラーエコノミー」の5つのテーマで議論を総括したが、コンセンサスが必要なコミュニケ採択には至らなかった。

本会合では、2023年7月22日にゴアで開催されたG20エネルギー転換相会合を想起しつつ、クリーンエネルギー転換に対する緊急性を認識した。

各国政府からは、以下をはじめとする指摘があった。

  • 気候エネルギー・ネクサス
  • 再生可能エネルギーの規模拡大のさらなる加速
  • 再生可能エネルギー設備容量の3倍化
  • 削減努力のない化石燃料の段階的削減
  • エネルギー効率の世界的改善率の2倍化
  • 利用可能な低排出・ゼロエミッション技術の規模拡大
  • 炭素除去・削減技術
  • エネルギーミックスの多様化
  • ネット・ゼロ・エネルギー・システム
  • 途上国向けの低コストの資金調達へのアクセス

議長総括では、1.5℃目標の重要性は再確認したものの、石炭や化石燃料の削減に関するコンセンサスに至らなかった。EUの炭素国境調整メカニズム(CBAM)についても一部の国が問題を提起。新興国側は、気候変動適応対策の重要性を訴えるとともに、先進国から新興国への資金支援コミットメントを要求した。

インド政府は、企業主導の「資源効率・サーキュラーエコノミー産業連合(RECEIC)」を発足させた。発足式には、EU、フランス、イタリア、デンマーク、カナダ、モーリシャス、アラブ首長国連邦(UAE)の閣僚も出席。タタ・グループ、マヒンドラ・グループ、ダルミア・バーラト・グループ、タタ・パワー、ユニリーバ、サウジ基礎産業公社(SABIC)、シンジェンタ、シーメンス、コカ・コーラ・カンパニー、ネスレ、HP、ファーストソーラー、アミタホールディングス、マルチ・スズキ・インディア等が早期創業メンバーとなった。

【参照ページ】
(原文)Environment and Climate Ministers’ Meet concludes in Chennai; G20 ministers stand united in their commitment to create a sustainable and resilient future
(日本語訳)G20環境・気候相会合、インドのチェンナイで開催、コミュニケ採択には至らず

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る