世界経済(GDP)の半分以上がISSB基準の適用を推進

5月28日、IFRSは、IOSCO年次総会で状況について発表し、2024年5月までに20以上の地域において、ISSB基準の使用を決定する、もしくは独自のフレームワークに基準を導入する措置を講じた。また、ISSB基準を採用するとした管轄地域は、世界のGDPの約55%、世界の時価総額の40%以上、世界の温室効果ガス排出量の50%以上を占める。

欧州は、最初にISSB基準との整合や連携を目指し、CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive:企業サステナビリティ報告指令)に可能な限りISSB基準を組み込むことを定めている。一方、米国では、SECが気候変動に関する開示規則とISSB基準との類似性を認めている。ただし、SECは、ISSB基準との統合がされていないので、気候変動の開示規則の代わりに、ISSB基準の使用を認めることは拒否している。

合わせて、IFRSは「The jurisdictional journey towards globally comparable information for capital markets」を発行した。このガイドは、管轄区域がISSB基準の使用に向けた道筋の設計および計画に役立つことを目的としている。完全採用、部分的採用、使用許可など、採用へのさまざまなアプローチを説明している。

【参照ページ】
(原文)Jurisdictions representing over half the global economy by GDP take steps towards ISSB Standards
(日本語参考訳)GDPで世界経済の半分以上を代表する管轄区域がISSB基準に向けた措置を講じている

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る