Virgin Atlantic航空、史上初の「ネット・ゼロ」大西洋横断飛行を実施

Virgin Atlantic航空、史上初の「ネット・ゼロ」大西洋横断飛行を実施

12月16日、英国政府は2023年に計画されている、100%持続可能な航空燃料でロンドンからニューヨークまで飛行する、史上初の「ネット・ゼロ大西洋横断便」の運航資金を得るためのコンペに、Virgin Atlantic航空が勝利したことを発表した。

持続可能な航空燃料(SAF)は、現在、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2~3%を占める航空業界の脱炭素化に貢献する重要なツールの一つと考えられている。SAFは一般的に、廃油や農業残渣など、持続可能な資源から製造される。SAFの生産者は、従来の燃料と比較して最大80%の温室効果ガス排出量の削減が可能であると見積もっている。

英国政府は今年初め、2023年末までに100%持続可能な航空機燃料による史上初のネット・ゼロの大西洋横断飛行を実現することを約束し、燃料製造コストの高さ、インフラと生産の規模拡大のための多額の投資の必要性、原料の入手性など、SAF利用拡大への障害を解決する一連の取り組みの概要を発表した。

今回の発表は、英国政府が7月に発表した、2050年までに航空機の運航を完全にゼロにする戦略「ジェットゼロ」と、先月英国空軍が行ったSAF100%使用の世界初の持続可能燃料軍用輸送機飛行の成果にもつながるものだ。

Virgin Atlantic航空のフライトは、使用済み食用油などの廃油や油脂から作られた燃料を使用する予定である。ネット・ゼロを達成するために、本フライトでは、大気中から取り出した炭素を捕捉して貯蔵する素材であるバイオチャークレジットによる炭素除去を併用する予定である。

Virginは、Rolls-Royce、Boeing、Imperial College London、University of Sheffield、Rocky Mountain Institute(RMI)、ICFなどのコンソーシアムと協力して、このフライトを実施すると発表した。飛行は、Rolls-RoyceのTrent 1000エンジンを搭載したボーイング787型機で行われる予定。

【参照ページ】
(原文)Virgin Atlantic to operate historic net zero transatlantic flight
(日本語参考訳)ヴァージン・アトランティック航空、歴史的なネット・ゼロの大西洋横断便を運航へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る