グリーンウォッシング対策強化:カナダの消費者保護

6月25日、国連事務総長アントニオ・グテーレス氏は「化石燃料企業の広告を禁止すべき」と報道機関やテクノロジー企業にも化石燃料広告の受け入れを止めるよう要請した。

2023年11月、カナダ政府は「秋の経済声明を実施するための法案C-59」を導入し、競争法を通じてグリーンウォッシング規制を強化することを目指した。6月19日、同法案は修正なしで可決され、翌日には王室の承認を受けた。これに対し、カナダ最大の化石燃料生産者連合であるPathways Allianceは、自社のウェブサイトやソーシャルメディアから環境に関する全てのコンテンツを削除した。

グリーンウォッシングは、企業が製品やサービスの環境的メリットを誤って伝える行為であり、消費者の信頼を損なう可能性がある。そのため、企業は第三者の検証を受け、透明性を保つことが求められている。カナダでは、ルルレモンやロイヤルバンク・オブ・カナダなどの企業がグリーンウォッシングで告発されている。サステナブルな製品への関心が高まる中、企業は正確な情報提供を行い、消費者の信頼を維持する必要がある。

参照ページ】
(原文)From greenwashing to green trust: How Bill C-59 strengthens regulations and protects Canadians
(日本語参考訳)グリーンウォッシングからグリーントラストへ: 法案C-59はいかに規制を強化し、カナダ国民を保護するのか

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る