Zendesk、製品のサプライチェーン全体でカーボンニュートラルを達成

Zendesk、製品のサプライチェーン全体でカーボンニュートラルを達成

1月4日、CRMソフトウェアのプロバイダーであるZendeskは、2022年末時点で、製品のサプライチェーン全体、および従業員の出張や通勤関連の排出量についてカーボンニュートラルを到達するなど、気候関連の一連のマイルストーンを明らかにした。

気候関連の成果に加えて、ZendeskはScience Based Targets initiative (SBTi)に参加したことも発表している。SBTiは、気候変動への対処と制限という世界的な目標に、企業の環境持続可能性行動を合わせることに焦点を当てた重要な組織の一つである。

2021年には「ネット・ゼロ・スタンダード」を立ち上げ、ネット・ゼロ・エミッションの達成に向けた企業の取り組みを評価・認証するための厳しい基準を設定している。SBTiはまた、承認された気候変動目標の基準を厳しくし、気候変動の最悪の影響を回避するために必要な1.5℃温暖化の野心に沿った目標のみを受け入れると発表している。

Zendeskは、SBTiに参加することで、1.5℃の目標に沿った気候目標をさらに設定することを約束したと述べている。

同社は、2019年以降、再生可能な電気と証書を100%購入すること、「デジタルファースト」戦略により従業員の出張排出量を削減すること、同社のサプライヤーに気候目標を設定し排出量を削減するよう促すこと、高品質で検証済みの炭素削減オフセットを購入すること、大気中から温室効果ガスを隔離する自然ベースおよびエンジニアリングに焦点を当てた炭素除去ソリューションのポートフォリオに投資するなど、これまでに推進してきた一連の気候重視の取り組みの概要を示した。

【参照ページ】
(原文)Zendesk delivers on carbon neutrality to customers and employees
(日本語参考訳)Zendesk、製品のサプライチェーン全体でカーボンニュートラルを達成

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る