HSBC、グリーンエネルギー・インフラストラクチャー投資チームを増員

HSBC、グリーンエネルギー・インフラストラクチャー投資チームを増員

1月4日、HSBCアセットマネジメントは、香港の資産運用会社であるグリーントランジションパートナーズとの事業譲渡契約により、アジアにおけるオルタナティブ部門にエネルギー転換インフラに特化した投資チームを追加することを発表した。

本合意を発表した声明の中でHSBCは、この移管がオルタナティブ投資部門の能力を拡大すると同時に、持続可能性主導のビジネスを構築する戦略における「大きな一歩」であると述べている。

2021年に設立された香港を拠点とするグリーントランジションパートナーズは、アジア全域のグリーンエネルギーインフラ資産に焦点を当てた専門資産運用会社で、プライベートエクイティ、プロジェクト開発、企業アドバイザリーの専門知識を備えている。本チームは、再生可能エネルギー発電、蓄電、グリッド、充電、水素インフラなどの分野で、国内のデベロッパーと協力しながら、中規模市場向けの投資を対象としている。

グリーントランジションパートナーズチームは、HSBCのアジアにおけるオルタナティブ投資事業に参加し、HSBCのアジア太平洋トランジションインフラストラクチャ事業の基盤を形成することになる。HSBCは2021年にHSBC Alternativesを設立し、プライベートデット、ベンチャーキャピタル、ダイレクト不動産、ヘッジファンド、プライベートマーケットチームを包含する既存のオルタナティブ機能のすべてを1つのユニットに統合した。

HSBCは買収により、投資家がポートフォリオを多様化し、持続可能性に焦点を当てた新しいアセットクラスを取り入れることができるようになると述べている。

【参照ページ】
(原文)HSBC ASSET MANAGEMENT ADDS ENERGY TRANSITION INFRASTRUCTURE CAPABILITY AS GREEN TRANSITION PARTNERS JOINS HSBC ALTERNATIVES TEAM IN ASIA
(日本語参考訳)HSBCアセット・マネジメントがエネルギー転換インフラ機能を追加、グリーントランジションパートナーズがアジアのHSBCオルタナティヴチームに参加

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る