JetBlue、カーボン・クレジットを通じたサステナブルな航空技術の育成で提携

JetBlue

JetBlueは、カリフォルニア州を拠点とする電気自動車開発会社のJoby Aviation社およびビジネス航空サービス会社のSignature Flight Support社と共同で、サステナブルな航空技術の開発と成長を支援するカーボン・クレジット制度を通じて、航空業界のネット・ゼロへの移行を支援することを発表した。

航空業界は、全世界の排出量の2〜3%を占める温室効果ガス(GHG)の重要な排出源であり、脱炭素化が最も困難な分野の一つであることがクローズアップされている。航空業界の気候変動への影響に対処するため、航空機の効率改善、サステナブルな航空燃料(SAF)の開発、電気や水素を利用した低炭素またはゼロカーボンの推進システムを利用した航空機の開発など、いくつかの取り組みが行われている。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る