通信大手Verizon、新たな大規模買取契約により再エネ容量予測3GWを突破

Verizon、新たな大規模買取契約により再エネ容量予測3GWを突破

1月12日、通信大手Verizonは、再生可能エネルギーの長期購入契約(REPA)を相次いで発表し、米国内の新しい設備から410メガワット(MW)の再生可能エネルギーを追加することを明らかにした。

本契約により、Verizonの再生可能エネルギー容量は3GWを超え、これは707,000世帯以上の1年間の電力に相当する。2025年までに同社の年間総電力消費量の50%に相当する再生可能エネルギーを調達または発電するという目標達成に向け、その位置付けが明確になった。

本契約には、テキサス州電力信頼性評議会(ERCOT)地域市場および南西電力プール(SPP)地域市場で最大240MWの再生可能エネルギー容量を組み合わせるIvenergyとの2件の契約、SPP市場の風力発電施設からの最大100MW容量に関するEnel North Americaとの12年契約、ペンシルバニア・ジャージ・メリーランド(PJM)相互接続地域市場にある施設からの最大70MW容量に関する追加の契約も含まれている。

本発表は、Verizonが昨年発行した4回目の10億ドル(約1,286億円)規模のグリーンボンドに続くものである。 Verizonは過去数年にわたり、再生可能エネルギーの利用を拡大するため、グリーンボンドの発行で数十億ドルを充当している。

【関連記事】
Verizon、再生可能エネルギーの目標達成に向けて約1,100億円の第3回グリーンボンドを発行
Verizon、グリーンボンドで調達した約1,100億円を再生可能エネルギーに充当
Verizon、一連の再生可能エネルギー案件の資金調達にグリーンボンドを充当
Verizon、4回目のグリーンボンド発行 再エネ投資に充当

【参照ページ】
Verizon surpasses 3.0 gigawatts of projected renewable energy capacity

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る