通信大手Verizon、新たな大規模買取契約により再エネ容量予測3GWを突破

Verizon、新たな大規模買取契約により再エネ容量予測3GWを突破

1月12日、通信大手Verizonは、再生可能エネルギーの長期購入契約(REPA)を相次いで発表し、米国内の新しい設備から410メガワット(MW)の再生可能エネルギーを追加することを明らかにした。

本契約により、Verizonの再生可能エネルギー容量は3GWを超え、これは707,000世帯以上の1年間の電力に相当する。2025年までに同社の年間総電力消費量の50%に相当する再生可能エネルギーを調達または発電するという目標達成に向け、その位置付けが明確になった。

本契約には、テキサス州電力信頼性評議会(ERCOT)地域市場および南西電力プール(SPP)地域市場で最大240MWの再生可能エネルギー容量を組み合わせるIvenergyとの2件の契約、SPP市場の風力発電施設からの最大100MW容量に関するEnel North Americaとの12年契約、ペンシルバニア・ジャージ・メリーランド(PJM)相互接続地域市場にある施設からの最大70MW容量に関する追加の契約も含まれている。

本発表は、Verizonが昨年発行した4回目の10億ドル(約1,286億円)規模のグリーンボンドに続くものである。 Verizonは過去数年にわたり、再生可能エネルギーの利用を拡大するため、グリーンボンドの発行で数十億ドルを充当している。

【関連記事】
Verizon、再生可能エネルギーの目標達成に向けて約1,100億円の第3回グリーンボンドを発行
Verizon、グリーンボンドで調達した約1,100億円を再生可能エネルギーに充当
Verizon、一連の再生可能エネルギー案件の資金調達にグリーンボンドを充当
Verizon、4回目のグリーンボンド発行 再エネ投資に充当

【参照ページ】
Verizon surpasses 3.0 gigawatts of projected renewable energy capacity

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る