ホンダとLG、米国でEV用電池を製造する5,ooo億超のJVを設立

ホンダとLG、米国でEV用電池を製造する5,ooo億超のJVを設立

1月13日、ホンダとLGエナジーソリューション(LGES)は、ホンダが生産するEV用リチウムイオン電池を量産する合弁会社を正式に設立し、オハイオ州に35億ドル(約4,496億円)の工場を建設する計画を発表した。

新合弁会社は、昨年、ホンダが北米を含む主要市場において、2030年までに40%、2035年までに80%としていた電気自動車および燃料電池車の販売比率を、2040年までに100%とするなどの積極的な電動化目標を発表したことを受けて、両社が発表していたものである。

新JVは、オハイオ州ジェファーソンビル近郊で今年初めの電池工場着工を目指し、2025年末までに先進的リチウムイオン電池セルの大量生産を開始する計画で、年間生産能力は約40GWhを見込んでいる。

両社は、JVに関連する投資額は全体で44億ドル(約5,652億円)に達する見込みであると述べる。

【参照ページ】
LG Energy Solution and Honda Formally Establish Battery Production Joint Venture

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る