WorkivaとPersefoni、炭素会計とESGレポートの統合ソリューション提供に向け提携を発表

 

2月16日、WorkivaとPersefoniは、ESGレポーティングソリューションに統合された炭素情報開示の、顧客提供を目的とした戦略的パートナーシップを発表した。

本パートナーシップにより、WorkivaとPersefoniのユーザーは、活動データ、カーボンフットプリント計算、気候軌道モデル、二次データセット、運用、財務、サプライチェーンデータなど、両社のプラットフォーム間でデータの統合と転送が可能になる。また、ユーザーは、カーボンベンチマークやカーボンオフセット市場にもアクセスできる。

2020年に発売されたPersefoniのSaaSプラットフォームは、企業や機関投資家が二酸化炭素排出量を測定・分析・計画・予測・報告を可能にし、AIを活用してユーザーに組織の文脈に沿った持続可能性パフォーマンススコアを提供することで、財務と同じ厳格さで炭素取引とインベントリーを管理する。

Workivaは、クラウドベースのWorkiva PlatformでESG報告ソリューションを開始した。これは、同社の報告およびコンプライアンスプラットフォームで、顧客がプロセスの合理化、データとチームの接続、および一貫性確保を実現する。

両社によると、本パートナーシップにより、温室効果ガスプロトコル(GHGP)に準拠し、スコープ1の炭素排出量、スコープ2の間接排出量、スコープ3の上流・下流排出量を追跡する温室効果ガス会計に関するより深い粒度で、財務とESG報告を統合した市場で唯一の報告ソリューションが確立される。

【参照ページ】
(原文)Workiva + Persefoni Partner to Streamline Investor-Grade Carbon Disclosure Data
(日本語訳)WorkivaとPersefoni、炭素会計とESGレポートの統合ソリューション提供に向け提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る