WorkivaとPersefoni、炭素会計とESGレポートの統合ソリューション提供に向け提携を発表

 

2月16日、WorkivaとPersefoniは、ESGレポーティングソリューションに統合された炭素情報開示の、顧客提供を目的とした戦略的パートナーシップを発表した。

本パートナーシップにより、WorkivaとPersefoniのユーザーは、活動データ、カーボンフットプリント計算、気候軌道モデル、二次データセット、運用、財務、サプライチェーンデータなど、両社のプラットフォーム間でデータの統合と転送が可能になる。また、ユーザーは、カーボンベンチマークやカーボンオフセット市場にもアクセスできる。

2020年に発売されたPersefoniのSaaSプラットフォームは、企業や機関投資家が二酸化炭素排出量を測定・分析・計画・予測・報告を可能にし、AIを活用してユーザーに組織の文脈に沿った持続可能性パフォーマンススコアを提供することで、財務と同じ厳格さで炭素取引とインベントリーを管理する。

Workivaは、クラウドベースのWorkiva PlatformでESG報告ソリューションを開始した。これは、同社の報告およびコンプライアンスプラットフォームで、顧客がプロセスの合理化、データとチームの接続、および一貫性確保を実現する。

両社によると、本パートナーシップにより、温室効果ガスプロトコル(GHGP)に準拠し、スコープ1の炭素排出量、スコープ2の間接排出量、スコープ3の上流・下流排出量を追跡する温室効果ガス会計に関するより深い粒度で、財務とESG報告を統合した市場で唯一の報告ソリューションが確立される。

【参照ページ】
(原文)Workiva + Persefoni Partner to Streamline Investor-Grade Carbon Disclosure Data
(日本語訳)WorkivaとPersefoni、炭素会計とESGレポートの統合ソリューション提供に向け提携

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る