EkaとMicrosoft、サステナビリティ・データとレポーティング・ソリューション提供に向け提携

 

2月16日、Eka Software Solutions(Eka)は、サステナビリティ・データとレポーティング・ソリューションの提供のため、Microsoftとの新たな提携を発表した。

Ekaのサステナビリティのためのプラットフォーム主導型ソリューションは、顧客のデジタルジャーニーの加速をサポートする。本ソリューションは、炭素使用量・サプライヤーとの関係・ガバナンス・労働力管理・循環型経済などの要素を追跡・測定・報告するビジネス支援を目的としており、 MicrosoftのAzureクラウドコンピューティングプラットフォーム上で実行予定である。

本提携により、企業はGRI・SDG・SASB・CDP・TCFD・SECR・GRESB・BRSRなどの業界標準に照らした報告が可能になる。Ekaは、設定可能なプラットフォーム主導のソリューションにより、企業は要件や規制が進化し続ける中でより多くのフレームワーク構築も可能であると述べている。

【参照ページ】
(原文)Eka collaborates with Microsoft to drive sustainability for global enterprises
(日本語訳)EkaとMicrosoft、サステナビリティ・データとレポーティング・ソリューション提供に向け提携

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る