アルミニウム企業Novelis、低炭素型リサイクルアルミニウムの使用量を拡大

5月31日、アルミニウム圧延・リサイクル企業のNovelisは、脱炭素化が困難な分野の脱炭素化に取り組むWEFのFirst Movers Coalition(FMC)に参加し、低炭素・リサイクルアルミニウム使用の加速を約束した。

FMCは、昨年の気候変動枠組条約締約国会議(COP26)で発足し、環境負荷の高い分野に対応するクリーン技術の早期市場創造に取り組む企業連合だ。本連合は、2030年までに達成すべき主要な先進的購入義務を設定し、ゼロカーボンに近い鉄鋼、アルミニウム、船舶、トラック輸送、航空、および高度な二酸化炭素除去ソリューションなどのクリーンテクノロジーの規模拡大と商業化を可能にするための強い市場シグナルを発信している。

【関連記事】5分で分かるCOP26:前半ハイライト(10/31〜11/4)

先週ダボスで開催された世界経済フォーラム年次総会で、連合はアルミニウムと二酸化炭素除去という2つの新しいセクターを立ち上げた。アルミニウムセクターのメンバーは、2030年までに主要アルミニウム購入量の10%をニア・ゼロアルミニウムにする。FMCのアルミニウム・グループには、Ball社、Ford社、Trafigura社、 ボルボ・グループなどが設立メンバーとして新たに名を連ねている。

また、10%のニア・ゼロ購入誓約に加え、2030年までに同社が使用するすべてのアルミニウムの少なくとも50%を再生資源から調達する目標も掲げている。

同社によると、新しいコミットメントは、2026年までに二酸化炭素排出量を30%削減し、2050年またはそれ以前にカーボンニュートラルになるという同社の目標を補完する。さらに先月、持続可能なパッケージングに対する強い需要に応えるため、25億ドル(約3,000億円)を投じてアラバマ州に低炭素型のリサイクル・圧延工場を新設する計画を発表している。

【参照ページ】
(原文)Novelis Joins First Movers Coalition to Accelerate Decarbonization of Aluminum Industry
(日本語訳)Novelis、低炭素型リサイクルアルミニウムの使用量を拡大

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る