ハンコックタイヤ、韓国EV充電サービス会社Daeyong Chaeviと提携

ハンコックタイヤ、韓国におけるEVインフラ整備のため、Daeyong Chaeviと提携

12月2日、世界有数のタイヤ会社であるハンコックタイヤは、12月1日に韓国の大手EV充電サービス会社であるDaeyong Chaevi(チェヴィ)と覚書を締結した。本パートナーシップは、韓国で加速するEVの普及に対応するため、EV充電器へのアクセス性を高めるインフラの構築を目的としている。

今回の合意により、ハンコックタイヤは、タイヤを中心としたトータルオートサービスセンター「T-Station」に最新のチェヴィEV充電ステーションを増設し、来店客の充電サービスをより便利にする。また、両社は顧客に対するホスピタリティを向上させ、EV分野での協力関係を積極的に拡大していく予定である。

チェヴィは、韓国国内に4,000カ所以上の充電スタンドを持つEV充電サービスのリーディングカンパニーであり、現在、米州や欧州などの海外市場にも進出している。また、ハンコックタイヤは、EVタイヤ製品ラインであるHankook iONの現地発売プロモーションの一環として、チェヴィと共同で購入者向けにEV充電クレジットプレゼントイベントを開催した。

ハンコックタイヤのT-Stationは、最先端の設備と専門家による標準的な車両メンテナンスサービスを提供する全国460以上のオフライン拠点と、簡単で便利なタイヤショッピングを可能にするオンラインプラットフォーム「T-Station.com」を通じて、独自のO2O (Online to Offline) サービスを提供している。

ハンコックタイヤは、様々なグローバル自動車メーカーの新しいEVモデルにタイヤを供給することで、EV市場のリーダーとして革新を続けている。今年初め、ハンコックは世界で最も権威のあるEVレース選手権であるABB FIAフォーミュラEワールドシリーズの公式独占サプライヤーおよびテクニカルパートナーに指名された。同社は、得られたデータと経験を活用して、革新的なタイヤ技術を民生用EVタイヤ製品群にさらに進化させていく予定である。

【参照ページ】
Hankook Tire partners with EV charging service provider Daeyong Chaevi to improve EV infrastructure in Korea

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る